中津市歴史民俗資料館

2013年9月25日
中津市歴史民俗資料館

中津市歴史民俗資料館は、慶応義塾で福澤諭吉に次いで尊敬を集めた、小幡篤次郎の生誕地にあります。篤次郎の遺言により、生誕地と蔵書を元に明治42年 (1909年)に小幡記念図書館が建設開館されました。その後昭和13年 (1938年) に改築され、近年施設が手狭になったことから図書館は近接地に新築移転し、この二代目の建物を利用して平成4年6月に『中津市歴史民俗資料館』として再出発しました。資料館の建物は、昭和57年(1982年)に日本建築学会より昭和初期の建築物として建築学的に見て貴重であると認定され、平成9年(1997年)には、国の登録文化財に登録されました。
館内は第1展示室から第3展示室までわかれて、中津市の過去から現在に至るまでの人々の生活の足跡を時代別に展示しています。

中津市歴史民俗資料館第1展示室

発掘調査で出土した考古資料・仏像・仏具・神輿などを展示しています。

中津市歴史民俗資料館第2展示室

中津の城下でくらした商人や職人など、人々の生活・文化・祭りなどを展示しています。

住所 〒871-0055 大分県中津市殿町1385番地
TEL 0979-23-8615
開館時間 9:00~17:00(入館は午後16:30まで)
休館日 第4水曜日、12月28日~1月3日
入場料 無料
URL http://www.city-nakatsu.jp/digitalcontent/digitaldata/2011072500068/

地図

お問い合わせ

大河ドラマ「軍師官兵衛」推進協議会
電話:0979-22-1111